人気の蛇口直結型浄水器【パナソニックTK-CJ12】に取り替えました

パナソニック浄水器ミズトピアTK-CJ12-W

最近、わが家の浄水器を買い替えました。とても気に入ってるので皆さまにもご紹介します。

購入したのは、今まで使っていた浄水器の後継モデル「パナソニック・ミズトピアTK-CJ12」です。

 

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥5,791(2022/10/04 03:30:42時点 Amazon調べ-詳細)

amazonや価格comでは、蛇口直結型浄水器の中では一番人気の商品。コンパクトでカートリッジが1年間も使えるというのが嬉しい点。

 

私が以前使ってたのは、ミズトピアTK6205P。確か6〜7年前に購入したもの。本体も古くなってきたので、カートリッジだけでなく、まるごと取り替えることにしました。

TK-CJ12はこんな人におすすめ

  1. 安心できるメーカーから購入したい人
  2. カートリッジの交換が面倒な人
  3. コンパクトな浄水器が欲しい人
  4. お手頃価格でおいしい水が飲みたい人

蛇口直結型浄水器を選ぶポイント

私が蛇口直結型浄水器を選ぶときに、重視しているポイントは次の5つ。

  1. 信頼できるメーカーなのか(浄水器協会の会員かどうか)
  2. カートリッジの寿命がなるべく長いもの
  3. 年間にかかる費用(本体+カートリッジ代)
  4. 除去できる物質の種類(種類が多いもの)
  5. コンパクトさ

上記の5つを考慮して選んだのが、パナソニック・ミズトピア【TK-CJ12】です。

液晶画面ナシのTK-CJ12にした理由

最初は、液晶画面(使用残量の表示)付きの「TK-CJ22」のほうが便利かな?と一瞬迷いました。コレ⇣

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥8,282(2022/10/04 03:30:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかし、よく考えてみると液晶画面は必要ないことがわかりました。

まず、カートリッジの交換時期は約1年。(上限使用量:4000L)

メーカーは、4000L越えなくても浄水能力が低下するため、約1年で交換するよう奨めてます。

液晶画面(浄水使用量)が必要なのは、1年以内に4000L超えた時。

私は一人暮らしで浄水使用量も大したことなく、どう考えても年間4000L越えないので液晶画面は不要と判断しました

 

それに液晶画面付きだと値段もかなり高くなりますね。液晶画面ナシのTK-CJ12を2〜3個買えちゃうお値段です。

たとえ大量に使う人でも、液晶画面ナシの浄水器を買って、半年に1回など早めに交換した方が衛生的だしお得だと思います。

TK-CJ12が届きました

ということで、ヤマダ電機(楽天市場店)で購入しました。

パナソニック・ミズトピアTK-CJ12-Wのセット(梱包の中身)

パナソニック・ミズトピアTK-CJ12-W(梱包の中身)

パナソニック浄水器・ミズトピアTK-CJ12-Wの取付けパッキン・リング

取付けパッキンとリング

パナソニック浄水器・ミズトピア・取扱説明書の裏面が保証書

取説の裏面が保証書

TK6205P(旧商品)とTK-CJ12-W(新商品)の違いは?

パナソニック浄水器ミズトピア・旧商品のTK6205Pと新商品のTK-CJ12-W 

左(旧)TK6205P 右(新)TK-CJ12-W 
カートリッジの位置が横から後ろに変更 
レイアウトがよくなって、よりコンパクトに感じられる

 

・TK-CJ12(新商品)の仕様旧商品:TK6205Pと比較してみた)

浄水能力が大幅にアップ!

 TK6205P(旧商品)TK-CJ12(新商品)
浄水能力総トリハロメタン、遊離残留塩素、濁り、溶解性鉛、2−MIB(カビ臭)総トリハロメタン、遊離残留塩素、濁り、溶解性鉛、2−MIB(カビ臭) 、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、CAT(農薬)、鉄(微粒子状)、アルミニウム(中性)、ジェオスミン(カビ臭)、フェノール類、ベンゼン、四塩化炭素
ろ材(カートリッジ)の交換時期約1年(1日10L使用時)約1年(1日10L使用時)
ろ材の種類粒状活性炭・セラミック・中空糸膜不織布・粒状活性炭・中空糸膜
本体寸法高さ6.5×幅13.4×奥行12cm高さ7.5×幅12.5×奥行11cm
質量(満水時)約270g(約430g)約310g(約450g
本体使用水温浄水側:35℃未満(原水/シャワー:50℃未満)

浄水側:35 ℃未満(原水/シャワー:80 ℃未満)

本体使用可能水圧(動水圧)70 kPa~350 kPa70 kPa~350 kPa
ろ過流量1.8L/分(水圧100kPaの時)1.8L/分(水圧100kPaの時)
交換用カートリッジTK6205C1TK-CJ22C1

青=改良された点  赤=個人的に気になる点

TK-CJ12の仕様で気になった点

すごく細かいことなのですが、除去物質の「総トリハロメタン」(=クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムの4種類)のうち3種類しかない(クロロホルムが記載されてない)のが気になりました

【調べてみた】

「総トリハロメタン」は浄水場での塩素消毒時に生成されるもの。総トリハロメタンのうち6~9割がクロロホルム。発がん性、肝障害、腎障害などを引き起こすと言われている。

そのクロロホルムが除去されないなんて…と思ったけれど、水道水に含まれるクロロホルムの量はほんのわずかしかなく、最終的には二酸化炭素になって体外に排出されるとのこと。

あと、トリハロメタンは、水道水を3分ほど沸騰させ続けると除去することができるそうです。(沸騰してスグでは除去できない)

 

なので、気にしないことにしました^^

 

まとめ

実際に、TK6205(旧商品)とTK-CJ12(新商品)を比較してみると、浄水器も日々進化してるなぁと感じました。

  • カートリッジの位置が後ろ側になり、全体のレイアウトが良くなった。(前よりコンパクトに感じられる)
  • 重量が多少増え、蛇口の位置も1センチほど下がったが、蛇口に取り付ければ重さなんて気にならないし、蛇口の位置も全く気にならない。
  • ろ過できる物質が大幅に増え、浄水能力が向上した。
  • ろ過できる物質に、総トリハロメタンの「クロロホルム」が含まれてないが、水道水に含まれる量がわずかで、最終的には体外に排出される物質ということなので、気にしないことにした。

早速、新しい浄水器に通したお水を飲んでみたら、以前よりまろやかで美味しく感じました。本体まるごと交換してよかったです!

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥5,791(2022/10/04 03:30:42時点 Amazon調べ-詳細)