Chromebookのキーボードが反応しないので、緊急対策としてbluetoothキーボードを買いました

Chromebook対応のlogicool 無線キーボード K380BK

先日、愛用していたノートパソコン(Chromebook)のキーボードが突然反応しなくなりました。

反応しないのは、一部のキーです。(8箇所で位置はバラバラ)

 

ネットで原因を調べたり、サポートセンターにメールで対処法を聞いたり、色々試したけど全くダメ。どうやらキーボード自体が物理的に故障してしまったようです。

落下させたり衝撃を与えた記憶はないのですが…。

修理代が高額なのでPC自体を買い換えようと思ったけど、とりあえず緊急対策として外付けキーボードを買うことにしました。

 

初代Chromebookは4年、2台目は1年1ヶ月で壊れた

実はChromebookは2台目で、初代「Asus  Flip C101PA」は不具合もなく4年持ちましたが、ChromeOSのアップデート後に起動しなくなりました。

サポートセンターに聞くとどうやら修理になるようだったのですが、修理代が高額だし、ChromeOsの自動更新のサポートも2023年8月で終了ということで放置してますw 起動しないので、初期化もできないんですよね。そのうち自分で本体を分解してハードディスクを壊してから処分しようと思ってますが…。

 

初代Chromebook↓

【chromebookレビュー】Flip C101PAがコスパ最高で超おすすめな件

 

今使っている2台目は使い始めて1年1ヶ月。(保証期間が切れた直後w 3年延長保証に加入しておけばよかった)

2台目Chromebook↓

 

Detachable CM3  (CM3000DVA-HT0019) 

Chromebook detachable キーボードのみの販売はない

使っているChromebookはdetachable(本体からキーボードが取り外せる)タイプです。

サポートセンターにキーボードのみ販売しているかどうかも聞いてみたら、その件については回答いただけなかったので、自分で調べてみましたが、どうやら販売してないようです。

detachableだからキーボードの別売りがあると勝手に思ってたのですが…。私だけ?w

Chromebookは起動が早くウイルスの心配もないので好きなんですけどね。シンプルで使いやすいです。けど壊れやすいのかしら?私の扱い方が悪かっただけなのかもしれませんが…。

 

外付けキーボード(ロジクールK380)を選んだ基準

とりあえずPCを一刻も早く使いたい…。緊急対策として、発送の早いAmazonで外付けキーボードを購入することにしました。

キーボードを選ぶ基準は、 

・互換性がある(ChromeOSに対応している)

・コンパクト(Chromebook「約10.5インチ」のサイズに合うもの)

・ワイヤレス(本体にUSB端子が1つしかない)

・レビューが高評価

・リーズナブル

 

これらの条件を満たしているキーボードがコチラ↓

logicoolキーボード K380BK

bluetoothで接続するコンパクトなワイヤレスキーボードです。

 

 

早速Amazonで購入し、本体に接続しました。

問題なく動いてひと安心!

ちなみに、この外付けキーボードが問題なく作動する場合は、本体キーボードは物理的に壊れてる可能性が高いです。

 

場所や用途に合わせて3通りの組み合わせで使ってます

 

logicool k380 ワイヤレスキーボードとchromebook detachable cm3とマウスの組み合わせ

すみません、画面に私の姿が写ってたので落書きしましたw

①本体キーボード+ロジクールK380キーボード+マウス

ふだん、この組み合わせで使ってます。タッチパッドを使いたいので、本体のキーボードは外さずに併用してます。あと細かい作業はマウスを使ったほうが便利なので。ちょっと場所を取りますが…。

このロジクールK380キーボードにはタッチパッドが付いてないのが不便ですね。今思えば、こちらを買ったほうが良かったかも↓

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥5,412 (2024/05/19 23:02:06時点 Amazon調べ-詳細)

タッチパッド付きキーボード「ロジクールK400pBK」

 

 

chromebookキーボード上にロジクールk380を重ねた状態

chromebookキーボード上にロジクールk380を重ねてコンパクトに(タッチパッド使用可)

②本体キーボード+ロジクールK380キーボード

狭い場所で使う場合は、このように使ってます。

重ねてしまうとロジクールキーボードの重みで、Chromebook本体のキーボードが勝手に押されるんじゃない?と思ったのですが、大丈夫でした!

タッチパッドの面積が狭くなりますが、なんとか使えますよ。 画面の下部(シェルフ部分)が見えづらいので、見る時はロジクールキーボードを少し下にずらしてますw

 

 

ロジクールK380キーボードとchromebook(キーボードなし)とマウスの組み合わせ

③ロジクールK380 キーボード+マウス

外出先で使用する場合は、本体キーボードを外して持ち運んでます。なるべく軽いほうがよいので。

マウスがなくてもタッチパネルで対応できますが、一応持ち運んでます。

 

Chromebookのキー配列とは若干違います(ショートカットキーで対応可)

Chromebookとロジクールのキーボードでは、配列が少し違ったり、ないキーがあったりします(スクリーンショット、拡大縮小、明るさの調節など)。

chromebookのキーボードに慣れてる人は多少不便を感じるかもしれません。

 

しかしショートカットで対応できますよ!

私が調べたショートカットになりますが、載せておきますね。

・スクリーンショット: ctrlキー+ fnキー+ F5

・スクリーンショット(キャプチャー): fnキー + tabキー

・全画面表示: fnキー+F4 または fnキー+ F11

・明るさ調整:(明るく)fnキー+F7  (  暗く)fnキー+ F6

 

ロジクールK380のデメリット

個人的に感じたデメリットですが、

①本体キーボードより重い。

実際計ってみましたら、                            

・本体(chromebook detachable )キーボード 240g

・logicool K380 キーボード 417g

でした。

 

②しばらく使用していないと、bluetooth接続が切れる。

どれかキーを1つ押すと再び接続されるので、すぐに打ち始めることが出来ないんですね。(数秒のことですが、急いでいるときはイラッとします笑)

 

まぁ許容範囲なので、さほど気にならないですが・・・

 

最後に

bluetooth接続のワイヤレスキーボードは初めて使いましたが、スマホなど3台まで接続可能ですし、1台持っておくと便利だなと感じました。

緊急対策として購入しましたが、今のところ快適に使えてるので、当分このロジクールK380キーボードにお世話になろうと思ってます。

 

ということで、Chromebookのキーボードが壊れた時の緊急対策としてお役に立てれば幸いです(^_^)